ギャラリー

#37 バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart2

Pocket

 

こんにちは、uskyです。

今回は前回「バルナックライカで桜を撮りに行ってきた」のPart2です。

Part1をまだ見ていない方は、まずそちらからどうぞ!

バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart1

 

前回と同様に、使用カメラはLeica IIIb、レンズはElmar 5cm F3.5、フィルムはFUJI 業務用100です。

 

家までフィルムを取りに帰り、再び出発です!

鶴舞公園へと向かいます。写真はJR鶴舞駅からスタートです。

 

鶴舞公園。お花見日和で人がたくさんいました。

 

何かイベント?をやっていましたが、人混みで見えませんでした。

 

このレンズ、がっつり絞っているからかコントラスト強めで写りますね。

 

お花見って平和な場所でないと出来ないですよね。こんなところで寝れませんもん。

 

いや〜、綺麗に写ってる。

 

アサヒスーパードライの光沢感。最高です。

 

カバンの中に、何が入っているんでしょう。

 

それにしてもよく写る。まさか1930年代のレンズとは思えません。

 

名大病院。

 

写真を撮りながら思っていたんですが、お花見ができる仲間がいるっていいですね。残念ながら僕にはいません(笑)。ひとり寂しくシャッターを切っていました。

 

実は、鶴舞公園には初めて来ました。ポケモンGOがリリースされた頃賑わっていたみたいですが、今はどうなんでしょう?

 

鶴舞公園を後にして、熱田(目的地:熱田神宮)へ向かいます。

 

赤色のポストと桜。

 

青色の車と桜。

 

ピント合わせを素早く出来るようになってきました。

 

おしゃれな駐車場。

 

残念ながら、熱田へ着く前にフィルムを全部撮り切ってしまいました。なのでフィルムはここまで。

この続きは、念のため持ってきておいたX-Pro1に、バルナックにつけていたElmar 5cm F3.5をつけて撮っていますので、また次回更新しますね。

 

50mmはちょっと狭く感じることも多かったので、35mmのレンズが早く欲しいです(笑)。でも、50mmなら50mmの目線で街中を歩くことができるので、それはそれで楽しいですね。単焦点レンズの面白さの一つだと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Pocket

#36 バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart1

Pocket

 

こんにちは、uskyです。

今日は格好の桜日和でしたね。僕も午前中から桜を撮りに出かけました。

カメラはバルナックライカ Leica IIIb、レンズはElmar 5cm F3.5、フィルムはFUJI 業務用100 24枚撮りを使用しました。

 

1本目のフィルムを撮り終えた時に、フィルムの替えを持ってくるのを忘れたことに気づき、一旦家に戻りました。

家に戻る途中、現像に出しておいたフィルムが出来上がったので、今回はその写真を載せていきます!(24枚全部載せます!)

 

今日は自宅から名古屋の鶴舞・熱田方面へ向かう予定で出発しました。

まずは自宅近辺の写真から。

フィルム装填時に失敗して、フィルムの先が一部破れたんですよね。それで、多めにフィルムを出して装填作業を行ったので、1枚目は少し感光してしまいました。まあ、逆におしゃれということで。

ここ、通勤時にいつも通るんですが、桜が綺麗で、週末まで散らないことを通勤のたびに願っていました(笑)。無事撮ることができて良かったです。

地元の駅前には、名古屋コーチンの銅像があります。

名古屋へ向かうはずが、電車の窓から桜色の綺麗な場所を見つけてしまい、降車しました。場所は味鋺駅。あとちょっとで名古屋に入るところだったのに…。でもこのおかげで、フィルムを家に取りに帰ることが容易にできました。名古屋まで出ていたら、ちょっと精神的にハードでした。

目的地へ向かう道中、桜が咲いている場所を見つけ、パシャり。

露出計を持っていないので、露出はカンで合わせています。案外撮れるものですね。今日は天気が良かったので、だいぶ絞っていますし、シャッタースピードはほとんど、Max値の1/1000秒で撮っていました。

フレームに、横切る人が入ってしまったと思ったので、撮り直しました。結果的にですが、構図としてはこちらの方がいいんじゃないかと思います。

電車の窓から見えた場所、それは二子山公園でした!二子山公園は「味美二子山古墳」など3つの古墳に囲まれた公園のようです。園内は埴輪や前方後円墳型のベンチ、ハニワの館がありました。もちろん古墳も。

公園に入って、桜を撮り始めたところで、フィルムを撮り終えます。そして、フィルムの替えがないことに気づき、あとは冒頭で述べたとおりです。

公園内をすべて回る前に自宅へ引き返したので、まだ見れていないところも多く、また別の機会にこの公園を訪れたいと思いました。

 

そしてお気づきでしょうか。24枚フィルムを使ったのに写真が25枚もあります。ブログを書いていて気がつきました。1枚多く撮れるなんてお得(笑)。

フィルムの撮影可能枚数に少し余裕があるってことなんですかね?

 

次回もお楽しみに。

 

Pocket

#22 X100Fとワイコンで小牧山の桜を撮ってきました

Pocket

近所の桜が綺麗だったので、朝活してきました。

就活のため帰省してます。地元小牧市の小牧山に行ってきました。(写真 全43)

X100F (F8, 1/60s, ISO4000)

早朝撮影なので少々暗いですがこの奥に見えるのが小牧山です。山頂に小牧城があります。山全体が公園になっていて、近所の方々のウォーキングコースにもなっています。全力で走れば5分くらいで登れる標高86mの山です。中腹あたりには遊具のある公園や神社があります。

小牧城は織田信長が築城しました。のち、徳川家康・織田信雄連合軍VS豊臣秀吉の小牧長久手の戦いにおいて徳川織田連合軍の本陣として利用されました。

江戸時代に入ると、小牧山と城跡は尾張徳川家の領地として管理され、一般人の入山は禁止されていたそうです。

X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/70s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/55s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/250s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/35s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/70s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/55s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/50s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/70s, ISO200)

はじめ三脚を使って、がっつり風景写真を撮ろうと思っていましたが難しく。風景スナップに切り替えました。(風景写真が大の苦手)

X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/60s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/80s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/70s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/75s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/75s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/60s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/70s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/100s, ISO200)

桜の種類とか名前とか全然分からないんですが、ちょうど満開でほんのりピンク色できれいでした。

X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/140s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/240s, ISO200)

朝のラジオ体操。

X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/150s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/170s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/480s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/300s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/2500s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/250s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/250s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F2.0, 1/2000s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/450s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/280s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/340s, ISO200)

これが小牧城。小牧山城とも言いますがどちらが正しいのかは分かりません。城の中は歴史館になっています。入場料は100円です。展望台からは濃尾平野の景色を一望できます。名古屋方面のビル群も見ることができます。

X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/240s, ISO200)

上の写真の真ん中あたりにある銅像は尾張徳川家第19代目藩主徳川義親の銅像です。小牧山は明治維新後も尾張徳川家の所有地でしたが、昭和2年に徳川義親により国に寄付されたみたいです。

X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1/25s, ISO200)

小牧山の中には稲荷神社があります。小さい頃から通っている山なのでなんとなく見かけたことはありましたが、来るのは今回初めてでした。

 

[夜の部]

ライトアップもしているので夜も訪れました。

X100F (F8.0, 4.5s, ISO200)

これ夜一発目に撮った写真なんですが、なぜこのようになったのか原因が分かりません。

X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 6s, ISO200)

レンズが汚れていたようで線が出てしまいました

X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 1.3s, ISO200)
X100F  (F8.0, 54s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 19s, ISO200)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F4.0, 1/30s, ISO6400)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F3.2, 1/60s, ISO2500)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F3.2, 1/60s, ISO3200)

最後は少しだけスナップを撮りました。

X100F + WCL-X100Ⅱ (F3.2, 1/40s, ISO6400)
X100F + WCL-X100Ⅱ (F8.0, 6.5s, ISO200)

桜を撮るの難しかったです。

Pocket