#45 初リバーサルフィルム!KLASSE SとPROVIA100F in 京都

Pocket

こんばんは、uskyです。

今回はフィルム写真振り返り企画、第4弾となります。

#42 KLASSE Sで撮る京都 in 2016 夏

第1弾の「#42 KLASSE Sで撮る京都 in 2016 夏」では、ネガフィルムだけでなく、リバーサルフィルム(ポジフィルム)でも撮っていました。初めてのポジフィルム、そして僕が撮った唯一のポジフィルムです。今回はそのポジフィルムで撮った写真をお送りします。フィルムはフジのPROVIA100Fです。

現像はしていましたがデータ化をしていなかったので、先日お店に出して本日受け取ってきました。

これがポジフィルムか〜 と感動。

色乗りがきれい。そして、FUJIFILMのデジタルカメラに搭載されているフィルムシミュレーションのPROVIAと色味が似ている。

この写真お気に入り。

露出ばっちし。これはKLASSE Sのおかげだね。

ポジフィルムはアンダーに強いから、シャドーがくっきりと出ている。

この発色。フジのデジタルでもPROVIAが一番好きだけど、フィルムもPROVIAにハマってしまいそう。バルナックライカで撮れるかな?体感露出で撮れる気はしない(笑)。

今までに1本しか使ったことのなかったポジフィルム。今回自分でも初めて写真を見てみて、なんで今まで使ってこなかったんだ!という後悔と、これからの楽しみが増えた喜びを、今現在感じています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次の第5弾ではEOS 1-Vで撮ったフィルム写真をお送りする予定です。

ではまた!

(追記)第5弾更新しました!

#46 EOS-1Vで撮る永平寺

 

Pocket

#44 KLASSE SとWで撮る夏祭り in 福井

Pocket

こんにちは、uskyです。

今回はフィルム写真振り返り企画第3弾です。

第1弾と第2弾はこちら↓

#42 KLASSE Sで撮る京都 in 2016 夏

#43 KLASSE Wで撮る大阪 in 2017 夏

今回は、2016年と2017年に撮影した、夏祭りの写真をお届けします。

場所は福井県。三国花火と敦賀花火とフェニックス祭りの3ヶ所を1記事にまとめてしまおうと思います。

カメラはKLASSE SとKLASSE W。フィルムはPORTRA400とNATURA1600です。

 

まずはKLASSE SとPORTRA400から。

花火待ちのカメラおじさんたちが三脚だけ置いて場所取りしてます。

KLASSE Sのこってり描写とPORTA400のこってり感は夏にぴったりだと思います。

敦賀花火はこの1枚だけ。画角的にKLASSE Wでしょう。この敦賀花火のときだけは、何のフィルムを入れていたか分かりません。(おそらくNATURA1600だと思いますが)

続いて、フェニックス祭り。同様にKLASSE Wで撮りました。以下、フィルムはNATURA1600です。

暗くなってからの方が、街明かりのおかげで明るく写りますね。

こうして見ると、縁日って情緒的ですね。

北陸の大学に通っていたので、石川・福井の写真はよく撮っていました。富山は数回しか行きませんでしたが…。人が少ない北陸でも、僕はこうして人が集まるところへ行ってスナップ写真を撮っていましたが、もっと北陸でしか撮れない風景写真なんかを撮っておいたらよかったなと、今になっては思います。

フィルム写真振り返り企画、また次回お楽しみに!

Pocket

#43 KLASSE Wで撮る大阪 in 2017 夏

Pocket

こんにちは、uskyです。

今回は、フィルム写真振り返り企画第2弾、2017年8月にKLASSE Wで撮った大阪スナップをお送りします。

第1弾はこちら↓

#42 KLASSE Sで撮る京都 in 2016 夏

KLASSE Wは焦点距離28mm、F値2.8の単焦点固定レンズです。対するKLASSE Sは38mmF2.8。KLASSE WはKLASSE Sよりも広く写すことができます。

このとき、何のフィルムを使ったか覚えていないのですが、この時期ハマっていたのは、NATURA1600とPORTRA160です。どちらかを使っていると思われます。でも、夜撮っている写真も出てくるので、おそらくNATURA1600じゃないかなぁと思います。写真の色的にもNATURAっぽいですよね。

KLASSE Sと比較して、KLASSE Wはナチュラルに写ります。この2台を購入するときにレンズの特徴とか調べたんですけどね、もう忘れてしまいました。

このあたりは富士フイルムサービスステーションがあるところですよね。このときもきっと、フジXシリーズのレンズをレンタルしに訪れたんでしょう。あ、XF16-55を借りた記憶があります。このときはXF16-55まだ持っていなかったんですね〜。(のちに購入、諸事情により売却)

この頃は、X-Pro2とX-T2を2台首からぶら下げて、ポケットにKLASSE SなりKLASSE Wなりを入れてバシバシ写真を撮っていました。デジタルをメインに、フィルムはたまに使うといった感じでしたね。

ここから夜スナップです。“十三”にいった記憶があります。

先に購入したのはKLASSE Sでしたが、KLASSE Wを購入してからはKLASSE Sの使用頻度はガクッと下がってしまいました。28mmという焦点距離が使いやすかったのと、KLASSE Sよりもあっさりめに写る描写が好きだったからです。

諸事情により今現在はどちらも所有しておりませんが、もう一度買い戻すとしたらKLASSE Wを選ぶと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

フィルム写真振り返り企画はまだ続きますので、どうぞよろしくお願いします。

 

(追記)第3弾更新しました!

KLASSE SとWで撮る夏祭り in 福井

(参考)KLASSE Wで撮った過去記事です↓

#13 とある日の雪景色(日記)

Pocket

#42 KLASSE Sで撮る京都 in 2016 夏

Pocket

こんにちは、uskyです。

先日のGWは、おかげさまで10連休でした。そのうちの9日間は東京に滞在しており、フィルムカメラだけでガンガン写真を撮っておりました。

9日間で使ったフィルムは、36枚撮りフィルム42本と写ルンです1本。その数ざっと1,539枚。

(Twitterの1枚目の写真、ピンク色なのが気になる)

GW以前までに撮ったフィルム写真の総枚数が1,787枚らしいので、それに匹敵する量をたった9日で撮ってしまうという…。

これらのGWに撮った写真は、少しずつ現像に出して今後ブログに載せていく予定ですが、

これまでに撮ったフィルム写真もせっかくなので載せてしまおうと思い至りました。

今までに使ってきたフィルムカメラは、Canon A-1、EOS 1-V、KLASSE S、KLASSE Wの4台です。これらのカメラで撮った写真をカメラ別に整理して、ブログを書いていこうと思います。

第1弾はKLASSE S。2016年の夏に京都で撮った写真をお送りします。フィルムはおそらくNATURA1600です。

ここは京都府立植物園。この頃ポケモンGOが流行っていて(今も流行っていますが)、ゼニガメを捕まえるために訪れました(笑)。

KLASSE Sはこってりとした色乗りになる気がします。

移動して、四条へ。

京都×フィルムは最高ですね。ピントが合っていなくても雰囲気でなんとかなります(笑)。

暗いところでも十分写ります。NATURA1600はほんとに良いフィルムでした。

なぜか反対側からも撮った模様。水面が綺麗だったんでしょう。

夜の京都駅内でもこんなに明るく写せるKLASSE SとNATURA1600。

本当に最高の組み合わせでした。

次回はKLASSE Wの大阪編をお届けします。お楽しみに!

 

(追記)第2弾更新しました!

#43 KLASSE Wで撮る大阪 in 2017 夏

 

Pocket

#40 神戸市 ハーバーランドでアメ車イベントに遭遇

Pocket

こんにちは、uskyです。

Akiさん(@Aki_for_fun)主催の神戸フォトウォーク翌日、神戸の観光名所に行っておこうと思い、ハーバーランドへ行ってきました。

使用したレンズはXF16-55mm F2.8 R LM WR。神戸フォトウォークで使用するために、前日に大阪の富士フィルムサービスステーションでレンズをレンタルしていました。

神戸フォトウォークの写真はまた後日載せます。(フィルムの現像待ち)

X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f8.0, 1/500s, iso200)
X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f8.0, 1/320s, iso200)

ポートタワーが傾いているのが惜しい。

 

X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f8.0, 1/1600s, iso200)

この一枚が撮りたくてここを訪れました。定番のスポットですが、やはり写真映えしますね。

 

X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f11, 1/350s, iso200)

カメラを下に向けると、何やらアンティークな車が集まっていました。

 

X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f11, 1/420s, iso200)

あんまり車には詳しくないんですが、この車はあれですよね、バック・トゥー・ザ・フューチャーの。

 

X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f11, 1/350s, iso200)

赤色が映えます。

 

20190331-DSCF0672
X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f11, 1/300s, iso200)
X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f11, 1/240s, iso200)
X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f11, 1/320s, iso200)
X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f4.5, 1/1500s, iso200)

この時代の車ってデザインがおしゃれですよね。今の車はどれも似たり寄ったりで、あまり欲しいとは思いません。

今後、電気自動車がスタンダードとなり、自動運転化が進むとすれば、ますます車の個性はなくなっていくように思います。

 

X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f4.5, 1/1100s, iso200)
X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f11, 1/480s, iso200)

X-Pro1とX-Pro2ってやっぱり写りが違いますよね。同じレンズを使ってもX-Pro1の方が優しく写る気がします。

 

X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f5.6, 1/1800s, iso200)
X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f5.6, 1/1700s, iso200)
X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f5.6, 1/1700s, iso200)

ハリウッド映画に出てくるスパイのような出で立ちでした(美しかった)。

 

X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f8.0, 1/1200s, iso200)

午前中の早い時間に行ったのもあってか、車はまだ揃っていない様子で、ちょくちょく車が入って来ていました。

 

X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f8.0, 1/280s, iso200)

後ろの船と色がお揃い。

 

X-Pro1, XF16-55mm F2.8 R LM WR (f8.0, 1/1100s, iso200)

神戸はまだまだ行きたいところがあるので、また訪れたいです。それにしてもおしゃれな街でした。

 

Pocket

#39 X-Pro1とElmar 5cm F3.5で撮る中望遠スナップ

Pocket

 

 

こんにちは、uskyです。

今回は前回の続きです。Leica IIIbで桜の写真を撮りに出かけましたが、途中でフィルム切れに。目的地までの残りをX-Pro1で撮りました。

Leica IIIbにつけていたElmar 5cm F3.5をX-Pro1につけると、画角は50mmから75mmになります。

中望遠域はあまり使い慣れていないので、最初難しく感じましたが、だんだんと感覚が分かってきました。

ですが、分かってきたところでその日の撮影を終えてしまったので、またこのレンズをつけて撮りにいきたいです。

前回はこちら↓

バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart2

X-Pro1にElmar 5cm F3.5をつけるとこんな見た目に。レンズを誤まって沈胴させるとカメラのセンサーが破壊されてしまいます。そこは注意。(カメラが汚れているのは、途中鶴舞公園の出店で、からあげを食べてビールを飲んだため 笑)

 

バルナックではピントを外すことはなくなってきたのに、X-Pro1ではピント合わせが難しく。

 

ちょっと角度を変えるとフレアが発生。オールドレンズの楽しみ方の一つですね。

 

普段、Leica IIIbではElmarの絞りを絞ってしか使っていないので、今回X-Pro1では絞り開放で終始撮りました。

 

神宮東公園付近の桜並木です。

 

今回の写真は、ASTIAとPro Neg.StdベースでLightroom現像しております。

 

目的地 熱田神宮に着きました。霊験あらたかなこの場所は、自然と心が落ち着きます。熱田神宮には、三種の神器「天叢雲剣(草薙剣)」が御神体として祀られています。

 

桜の季節は、また来年。

Pocket

ギャラリー

#37 バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart2

Pocket

 

こんにちは、uskyです。

今回は前回「バルナックライカで桜を撮りに行ってきた」のPart2です。

Part1をまだ見ていない方は、まずそちらからどうぞ!

バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart1

 

前回と同様に、使用カメラはLeica IIIb、レンズはElmar 5cm F3.5、フィルムはFUJI 業務用100です。

 

家までフィルムを取りに帰り、再び出発です!

鶴舞公園へと向かいます。写真はJR鶴舞駅からスタートです。

 

鶴舞公園。お花見日和で人がたくさんいました。

 

何かイベント?をやっていましたが、人混みで見えませんでした。

 

このレンズ、がっつり絞っているからかコントラスト強めで写りますね。

 

お花見って平和な場所でないと出来ないですよね。こんなところで寝れませんもん。

 

いや〜、綺麗に写ってる。

 

アサヒスーパードライの光沢感。最高です。

 

カバンの中に、何が入っているんでしょう。

 

それにしてもよく写る。まさか1930年代のレンズとは思えません。

 

名大病院。

 

写真を撮りながら思っていたんですが、お花見ができる仲間がいるっていいですね。残念ながら僕にはいません(笑)。ひとり寂しくシャッターを切っていました。

 

実は、鶴舞公園には初めて来ました。ポケモンGOがリリースされた頃賑わっていたみたいですが、今はどうなんでしょう?

 

鶴舞公園を後にして、熱田(目的地:熱田神宮)へ向かいます。

 

赤色のポストと桜。

 

青色の車と桜。

 

ピント合わせを素早く出来るようになってきました。

 

おしゃれな駐車場。

 

残念ながら、熱田へ着く前にフィルムを全部撮り切ってしまいました。なのでフィルムはここまで。

この続きは、念のため持ってきておいたX-Pro1に、バルナックにつけていたElmar 5cm F3.5をつけて撮っていますので、また次回更新しますね。

 

50mmはちょっと狭く感じることも多かったので、35mmのレンズが早く欲しいです(笑)。でも、50mmなら50mmの目線で街中を歩くことができるので、それはそれで楽しいですね。単焦点レンズの面白さの一つだと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Pocket

#36 バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart1

Pocket

 

こんにちは、uskyです。

今日は格好の桜日和でしたね。僕も午前中から桜を撮りに出かけました。

カメラはバルナックライカ Leica IIIb、レンズはElmar 5cm F3.5、フィルムはFUJI 業務用100 24枚撮りを使用しました。

 

1本目のフィルムを撮り終えた時に、フィルムの替えを持ってくるのを忘れたことに気づき、一旦家に戻りました。

家に戻る途中、現像に出しておいたフィルムが出来上がったので、今回はその写真を載せていきます!(24枚全部載せます!)

 

今日は自宅から名古屋の鶴舞・熱田方面へ向かう予定で出発しました。

まずは自宅近辺の写真から。

フィルム装填時に失敗して、フィルムの先が一部破れたんですよね。それで、多めにフィルムを出して装填作業を行ったので、1枚目は少し感光してしまいました。まあ、逆におしゃれということで。

ここ、通勤時にいつも通るんですが、桜が綺麗で、週末まで散らないことを通勤のたびに願っていました(笑)。無事撮ることができて良かったです。

地元の駅前には、名古屋コーチンの銅像があります。

名古屋へ向かうはずが、電車の窓から桜色の綺麗な場所を見つけてしまい、降車しました。場所は味鋺駅。あとちょっとで名古屋に入るところだったのに…。でもこのおかげで、フィルムを家に取りに帰ることが容易にできました。名古屋まで出ていたら、ちょっと精神的にハードでした。

目的地へ向かう道中、桜が咲いている場所を見つけ、パシャり。

露出計を持っていないので、露出はカンで合わせています。案外撮れるものですね。今日は天気が良かったので、だいぶ絞っていますし、シャッタースピードはほとんど、Max値の1/1000秒で撮っていました。

フレームに、横切る人が入ってしまったと思ったので、撮り直しました。結果的にですが、構図としてはこちらの方がいいんじゃないかと思います。

電車の窓から見えた場所、それは二子山公園でした!二子山公園は「味美二子山古墳」など3つの古墳に囲まれた公園のようです。園内は埴輪や前方後円墳型のベンチ、ハニワの館がありました。もちろん古墳も。

公園に入って、桜を撮り始めたところで、フィルムを撮り終えます。そして、フィルムの替えがないことに気づき、あとは冒頭で述べたとおりです。

公園内をすべて回る前に自宅へ引き返したので、まだ見れていないところも多く、また別の機会にこの公園を訪れたいと思いました。

 

そしてお気づきでしょうか。24枚フィルムを使ったのに写真が25枚もあります。ブログを書いていて気がつきました。1枚多く撮れるなんてお得(笑)。

フィルムの撮影可能枚数に少し余裕があるってことなんですかね?

 

次回もお楽しみに。

 

Pocket

#33 Utulens × モノクロも悪くない

Pocket

そういえば、Utulensでモノクロにしたことってなかった気がする。

このレンズ、モノクロにして、いい写真にならないわけがない。とても味わい深いと思う。

思ったよりきっちり写るし、それでいて甘い。みんなこのレンズ買うべし。

ピントを気にしなくていいのは、楽。

そういえば、かつてブログ内で、ストリートスナップシリーズなるものをやっていたので、今回のをVol.3とすることにする。

このシリーズは今後も続けていこうと思う。

Pocket

#32 XF23mm F2 R WRをレンタルして試し撮りをしてきました in Nagoya

Pocket

こんにちは、uskyです。

今回は前回の記事『X-Pro1につけるXFレンズを考える』の続編です。

X-Pro1につけるXFレンズを考える

名古屋の伏見にある富士フイルムサービスステーションでレンズをレンタルしてきましたので、

そのとき撮った写真とともに感想を述べたいと思います。

とは言っても、あまり詳細に御託を並べるつもりもないので、軽〜い感じで。(レビューではなく試し撮りなので!)

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/680s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/640s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/450s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/640s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/480s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/300s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/80s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F2.0, 1/750s, ISO200)

ここまで写真を見てみてどうですか?

癖がなく、素直な描写をするレンズだなぁと、個人的には使っていて感じました。

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/170s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/210s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/150s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/120s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/80s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/80s, ISO640)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/40s, ISO1600)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/420s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F2.0, 1/3000s, ISO200)

35mm判換算35mmは非常に使いやすく、引きも寄りも適度にこなせるため、ガンガン写真を撮っていけますね。

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/550s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F2.0, 1/950s, ISO200)

絞り開放で撮ると、XF50mm F2 R WRと同じような描写になる気がします。これがあんまり好きじゃなくて、XF50/2は手放したんですよね…。今見ると、そこまで悪くないような。

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/170s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/80s, ISO250)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/80s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/900s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F5.6, 1/1400s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/280s, ISO200)

ここでシンガーソングライターの仮谷せいらさんという方が歌ってらっしゃいました。

そのとき聴いた曲がこれ。

同い年みたいなので、今後のご活躍を応援したいと思います。

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/400s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/450s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/200s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/90s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F7.1, 1/80s, ISO640)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/340s, ISO200)

レンズの歪みは、上の2枚の写真あたりで確認してみてください。僕は特に気にならないです。(別に歪んでいてもいい人)

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F2.0, 1/1600s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F2.0, 1/80s, ISO500)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F4.0, 1/20s, ISO1600)

あまり引かなくても、楽にブツ撮りできるのはいいですね。角度によっては自分の影が入ってしまいますけども。

 

 

<使っていて思ったことのまとめ>

・素直な描写で扱いやすい

・色乗りがよい

・小型で軽量、サクサク撮れる

・絞り環がXF23/1.4に比べて固めで、こっちの方が好き

・XF35/2に慣れていたのもあって、XF35/2と比べてちょっとレンズが長い

・周辺までちゃんと解像している、XF18は周辺の描写が甘すぎ

・AFはXF23/1.4より速いと思うが、X-Pro1の動きがもっさりしていて、よく分からない

・絞り開放では好んで使いたくはないかな

・逆光耐性を確認し忘れた

・フリンジの確認もし忘れた

 

 

今回使ってみて、XF23mm F1.4とそれからX100Fで撮った写真をもう一度見直したいなと思いました。

というのも、X-Pro1+XF23/2なら、X100Fの方がスペック高くない?って思ってしまい、さらには、XF23/1.4のあの描写が忘れられないという点もあります。

X100Fならさらに小型で、ACROSも使えるし、電子シャッターもついてるんですよね〜。

そしてXF23/1.4は、解像度・色乗りがXFレンズの中でトップクラスなんです、個人的に。

あと角フードがカッコいい!

 

ということで、次回は、XF23/1.4とX100Fで撮った写真を見直す回をやりたいと思います。

他にもXF18とかXF27とか、使ってみたい!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Pocket

#24 新宿の桜とか(ストリートスナップPart2)

Pocket

ストリートスナップシリーズPart2です。

今回は特にテーマも決めず写真を選びました。(写真 16枚) 追記 1枚写真追加しました。

#20 「ストリートスナップ」シリーズ始めます!

 

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/2000s, ISO200)

こんなところに桜があるんだって場所にありました。(新宿駅南口 2017年)

 

X-Pro2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/12800s, ISO200)

僕、電子シャッターガンガンに使うんですけど、皆さんあんまり使わないんですかね?日中絞り開放でもNDフィルターいらなかったり、シャッター音が出ないので静かな場所で撮るときとかに重宝します。動体も撮らないので弊害も特に感じてません。

 

X-Pro2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/1500s, ISO400)

あんまり寄りで撮ることってしないんですけど、寄って撮りました。このレンズかなり寄れます。ノートリミングです。

 

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F8.0, 1/60s, ISO500)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/2400s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/850s, ISO400)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F4.0, 1/105s, ISO200)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.0, 1/2400s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F8.0, 1/500s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F11, 1/60s, ISO1250)

スマホで見るとどうしても写真が小さくなるので、自分が何を撮ったのかちゃんと伝わるかなー?って不安になります。

 

X-Pro2 + XF10-24mm F4 R OIS (F6.4, 1/60s, ISO2500)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/60s, ISO1250)

一時期、アスペクト比を変えて写真を撮ることにハマっていた時期がありました。アスペクト比変えるといつもと雰囲気変わって新鮮ですよね。

 

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/60s, ISO1600)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/125s, ISO400)
X-Pro2 +XF10-24mm F4 R OIS (F8.0, 1/60s, ISO1250)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/125s, ISO400)

上の写真を撮影した場所から右を向くと…

 

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F8.0, 1/150s, ISO400)

東京タワーが見えます!

 

最後に

テーマを決めないでてきとうに写真をピックアップすると写真に統一感がなくて何だかなって感じがします。

でもテーマを決めて写真を選ぶのほんとに難しくって、このままだといっこうに更新できないなと思って、てきとうでもいいからということでブログ更新しました。タイトルも特にいいのが思い浮かばず…。

やりながら少しずつ考えていこうと思います。(アドバイスとか要望とかお待ちしてます!)

 

今回使った機材はこちら。

 

Pocket

#17 FUJIFILMで撮る金沢【③金沢21世紀美術館 編】(終)

Pocket

FUJIFILMで撮る金沢、ラストは【③金沢21世紀美術館】です。(写真全20)

ひがし茶屋街編】, 【兼六園編をまだご覧になっていない方はよかったらご覧ください

使用したカメラはX-T2、レンズはXF23mm F1.4 RXF35mm F2 R WR、そしてXF90mm F2 R LM WR3本です。 

 

金沢21世紀美術館について、以下に公式HPより一部引用しました。

『まちに開かれた公園のような美術館』金沢21世紀美術館は、金沢市の中心部に位置し、誰もがいつでも立ち寄ることができ、様々な出会いや体験が可能となる公園のような美術館を目指しています。このため建物には表と裏のないガラスのアートサークルが採用され、トップライトや光庭など明るさや開放感にも十分に配慮しています。また、夜間開館や魅力的なショップ、レストランなど利用者ニーズに対応し、気軽さ、楽しさ、使いやすさがキーワードのこれまでにない美術館です。

入館料が必要となるのは美術館内の展覧会ゾーンのみです。写真撮影は開放スペース(交流ゾーン)に関しては私的利用ならOKで、展覧会ゾーンは撮影不可となっている展覧室以外は可です。美術館は兼六園の隣にあります。

 

“FUJIFILMで撮る金沢と言っておきながら前回前々回と(ボディはフジですけど)キヤノンのレンズも使って撮っていましたが、今回はオールフジXレンズです

前回に引き続き、暗めな写真が多いです。ちょっと暗すぎたかなという気がしないでもないです。

X-T2 + XF23mm F1.4 R (F3.6, 1/1700s, ISO400)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/350s, ISO400)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/200s, ISO400)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/400s, ISO200)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/200s, ISO400)
X-T2 + XF23mm F1.4 R (F9.0, 1/40s, ISO2500)

・市民ギャラリー 2004.10.09 -2005.03.21   (マイケル・リン)  2004

 

X-T2 + XF35mm F2 R WR (F3.2, 1/80s, ISO400)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/400s, ISO400)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F4.0, 1/210s, ISO200)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F4.0, 1/1700s, ISO200)

・雲を測る男   (ヤン・ファーブル)  1998

 

X-T2 + XF23mm F1.4 R (F5.0, 1/210s, ISO400)

・スイミング・プール   (レアンドロ・エルリッヒ)  2004

この作品、プールの下から上を覗けます。公式HPに写真掲載されてます。

 

X-T2 + XF23mm F1.4 R (F6.4, 1/40s, ISO400)

・ラビットチェア   (SANAA)  

21世紀美術館もSANAA(妹島和世と西沢立衛の建築家ユニット)による設計です。

 

X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/600s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/320s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/340s, ISO200)

うさぎ耳のイス、撮るの楽しい。

X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/200s, ISO200)
X-T2 + XF23mm F1.4 R (F5.6, 1/90s, ISO400)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/210s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/170s, ISO400)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/900s, ISO400)

“FUJIFILMで撮る金沢シリーズ以上で終了です。見てくださった方々ありがとうございました。

番外編として金沢散策Canonも更新する予定です。こちらは一記事完結です。FUJIFILM2017年撮影、【Canon2016年撮影のものです。そんなにいい写真もないんですけど金沢まとめということで載せます。僕の成長具合をほうほうと見てもらえたらなと思います。2015年の金沢の写真もあるんですけど、さすがに載せたくないレベルなのでそれはやめておきます()

 

今回掲載した写真のギャラリーはこちら

 

 

Pocket

ギャラリー

#15 FUJIFILMで撮る金沢【①ひがし茶屋街 編】

Pocket

春先になると、毎年のように金沢へ行っています。

ですが今年は行けそうにないので、過去写真ですが、【ひがし茶屋街編】兼六園編】金沢21世紀美術館編】と番外編の【Canon編】の全4回に分けて金沢散策の写真を更新していきたいと思います。

 

今回は【ひがし茶屋街編】です。(写真 全36枚)

カメラはX-Pro2X-T2、レンズはXF23mm F1.4 RXF35mm F2 R WR、そしてNFD50mm F1.43本です。

今回はどちらかというとNFD50mm F1.4のレンズ描写を楽しんでいただく感じになるかなと思います。

20170325-DSCF0003
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F8.0, 1/850s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F8.0, 1/750s, ISO400)
20170326-DSCF0021
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/10500s, ISO400)

上の写真のキャプション、F値が0となっていますが、電子接点のないレンズを使用しているためにF値が記録されていないので、0と表記しています。以下の写真も同様です。

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F7.1, 1/250s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F8.0, 1/320s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/3200s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/150s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/3800s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/80s, ISO800)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F8.0, 1/300s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/6400s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/6000s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/10500s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/10000s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/10500s, ISO400)

NFD50mm F1.4の写りどうですか所々に滲みが出ていて、それがいい味を出してくれています。青みがかるのもフィルムっぽくていいですね。

X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/11000s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/10500s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/10500s, ISO400)

お気付きの方も多いかもしれませんが、NFD50mm F1.4で撮った写真のほとんどがシャッター速度が異様に速くなっています。理由としては絞りを開放側にしてEVFでピーキング表示させてピントを合わせるって作業が楽しかった記憶があるので、多分そのせいだと思います(笑)。なので、シャッター速度の速い写真のF値は1.4から2.8の間くらいだと考えてもらっていいと思います。写真ボケボケですみません()

X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/18000s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/1800s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/16000s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/20000s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/3500s, ISO400)
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/9000s, ISO400)
20170326-DSCF0044
X-T2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/12000s, ISO400)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F4.0, 1/35s, ISO1000)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F2.8, 1/35s, ISO1600)

金沢名物の金箔がのったおしるこ(だったかな)。金は美容や健康にいいとのことなんですが僕は信じていません(笑)。

X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F2.8, 1/35s, ISO1000)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F2.8, 1/60s, ISO200)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F1.4, 1/35s, ISO500)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F1.4, 1/12000s, ISO200)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F2.8, 1/550s, ISO200)

上の暖簾(のれん)の写真の解像度見てください

個人的に、XF23mm F1.4 Rの解像度はフジのXレンズの中でも1, 2を争うものだと思っています。

X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F4.5, 1/500s, ISO200)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F2.8, 1/40s, ISO1000)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F1.4, 1/35s, ISO400)

次回は【兼六園編】です。今回載せた写真のギャラリーはこちら

#16 FUJIFILMで撮る金沢【②兼六園 編】

 

Pocket

ギャラリー

#13 KLASSE Wで撮る地元の雪景色

Pocket

雪が降った日の記録です。

カメラはKLASSE W、フィルムはNATURA1600です。現像済み-020006

現像済み-020008-2

現像済み-020010-2

現像済み-020009-2

現像済み-020011-2

現像済み-020012
小牧山と小牧山城

現像済み-020014

現像済み-020015-2

現像済み-020016-2

ここ小牧市は「小牧・長久手の戦い」の舞台でした。写真の小牧山&小牧山城は徳川・織田軍が占拠し、隣市にある犬山城には羽柴軍が陣を取っていました。徳川・織田軍VS羽柴軍です。(この織田は信長の次男信雄で徳川は家康、羽柴は豊臣秀吉のことです。)徳川家康VS豊臣秀吉の第一ラウンドみたいな感じだと認識しています。

現像済み-020017-2

現像済み-020018-2

現像済み-020019-2

現像済み-020020-2

現像済み-020021-2

現像済み-020022-2

現像済み-020024

現像済み-020025-2

現像済み-020026-2

現像済み-020029

現像済み-020030

現像済み-020031

たまに降る程度の雪ならちょっとした非日常で楽しいですね。

Pocket

ギャラリー

#10 Utulens試し撮り [番外編]

Pocket

#2GIZMON Utulensを試し撮りした際のUtulens以外の他のレンズで撮影した写真を、少しだけですが載せておきます。

20171202-XPRO1025
X-Pro2 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM
20171202-XPRO1028
X-Pro2 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM
20171202-XPRO1039
X-Pro2 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM
20171202-XPRO1051
X-Pro2 + XF18mm F2 R
20171202-XPRO1106-3
X-Pro2 + XF18mm F2 R
20171202-XPRO1121
X-Pro2 + XF18mm F2 R
20171202-XPRO1156
X-Pro2 + XF18mm F2 R
20171202-XPRO1161
X-Pro2 + XF18mm F2 R
20171202-XPRO1173
X-Pro2 + XF18mm F2 R
20171202-XPRO1189
X-Pro2 + XF18mm F2 R
20171202-XPRO1194
X-Pro2 + XF18mm F2 R
20171202-XPRO1195
X-Pro2 + XF18mm F2 R
20171202-XPRO1237
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR

この日たしかスーパームーンで月が綺麗だったので、三脚なしでどうにか固定して撮りました。

 

 

 

 

 

Pocket