#39 X-Pro1とElmar 5cm F3.5で撮る中望遠スナップ

Pocket

 

 

こんにちは、uskyです。

今回は前回の続きです。Leica IIIbで桜の写真を撮りに出かけましたが、途中でフィルム切れに。目的地までの残りをX-Pro1で撮りました。

Leica IIIbにつけていたElmar 5cm F3.5をX-Pro1につけると、画角は50mmから75mmになります。

中望遠域はあまり使い慣れていないので、最初難しく感じましたが、だんだんと感覚が分かってきました。

ですが、分かってきたところでその日の撮影を終えてしまったので、またこのレンズをつけて撮りにいきたいです。

前回はこちら↓

バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart2

X-Pro1にElmar 5cm F3.5をつけるとこんな見た目に。レンズを誤まって沈胴させるとカメラのセンサーが破壊されてしまいます。そこは注意。(カメラが汚れているのは、途中鶴舞公園の出店で、からあげを食べてビールを飲んだため 笑)

 

バルナックではピントを外すことはなくなってきたのに、X-Pro1ではピント合わせが難しく。

 

ちょっと角度を変えるとフレアが発生。オールドレンズの楽しみ方の一つですね。

 

普段、Leica IIIbではElmarの絞りを絞ってしか使っていないので、今回X-Pro1では絞り開放で終始撮りました。

 

神宮東公園付近の桜並木です。

 

今回の写真は、ASTIAとPro Neg.StdベースでLightroom現像しております。

 

目的地 熱田神宮に着きました。霊験あらたかなこの場所は、自然と心が落ち着きます。熱田神宮には、三種の神器「天叢雲剣(草薙剣)」が御神体として祀られています。

 

桜の季節は、また来年。

Pocket

#38 X-T30発売記念!FUJIFILM Xキャラバンフォトウォーク in 名古屋に参加してきました!

Pocket

 

こんにちは、uskyです。

登録しているMy FUJIFILM(マイフジフイルム)から、“X-T30発売記念 Xキャラバンフォトウォーク開催”のご案内メールが来ていました。

面白そうだなと思ったので申し込んだところ、見事抽選に当たり、本日(2019/04/07)行ってまいりました。

 

Xキャラバンフォトウォークは、発売したばかりのX-T30を貸してもらい、写真家の講師と一緒に写真を撮りに行くイベントです。

大阪・名古屋・広島・札幌の4都市で開催しているみたいです。

今回参加した名古屋会場の講師は、やまぐち千予 氏。富士フイルムユーザーならみんな知っていますよね。やまぐちさんは、料理、スイーツ、人物など広告写真を多く撮られています。そして写真がゆるふわ!終始フレンドリーに話しかけてくださいました。

Xキャラバンフォトウォークでは、X-T30につけるレンズも貸してもらえます。僕が選んだのはXF23mm F2 R WR。フォトウォーク中、好きなときに他のレンズにも交換させてもらえましたが、僕は結局このレンズだけを使いました。

参加者は全部で15人。カメラがまったくの初心者という方もいましたが、多くがすでに富士フイルムユーザーでした。

最初にカメラの基本的な使い方の説明を聞き、それからフォトウォーク開始です!

行き先は大須観音。

教室内で、講師の写真を見せていただいたので、それに触発されて今回はゆるふわ写真を撮ることに決めました!

普段あまり撮り慣れていないスタイルの写真ですが、どうかよろしくお願いします(笑)。

SONYとFUJIFILMの建物が並んでいました。最近、SONY機にも心がなびいています。

 

参加者はおじさんが多いかな?と勝手に思っていましたが、そんなことはなかったです。

 

X-T30に搭載されているカラークロームエフェクト。今回ずっと「強」のまま使用していました。

写真はJPEGデータになります。少しレタッチしている写真もありますが、基本的にはカメラ内の設定でゆるふわ感を演出しています(ゆるふわというより軟調な写真のような気もしますが 笑)。

 

ゆるふわ写真を撮ることを目的に撮影していましたが、撮るものはいつもと変わらず、街のスナップ写真でした。ここはもう変わりません。

 

撮影の様子。

 

フォトウォークは、講師にレクチャーしてもらいながら進んでいきました。各々がつけているレンズに合わせて撮り方を教えてもらえたので、みんな満足度高めでした(たぶん)。「ここでこう撮りたい!」という質問にも、カメラの設定方法・光の読み方・構図のたて方までしっかりと指導してくださいました。これが無料なんて贅沢です。

 

この写真どうですか?ゆるふわ感出てますよね?(笑)

 

あえて斜めにすると良いということを教えてもらいました。みんな、写真が水平かどうかを気にしてしまうため、思いっきり斜めにすることでそこの思考が働かなくなるそうです。(確かそんなこと言っていた)

 

広角レンズをつけていたので、背景をとろとろにボカすなんて写真は撮れませんでしたが、いい感じのボケ具合でよく写っています。色の発色もいいですね。

 

撮影時間は1時間あったかな〜?といった感じでした。あっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

教室に戻り、チェキプリンターSP-3で、先ほど撮った写真の中から2枚、チェキプリントさせてもらいました。チェキプリンターは初代と2代目を持っていましたが、この真四角チェキも可愛くていいですね。欲しくなりました。

 

最後に、X-T30の他にもX-T3やX-E3、X-T100なんかもあるよという話を聞き、アンケートに答えて自由解散しました。

アンケート後、講師の方と話す機会があったので、テーブルフォトの撮り方、ライティングの練習方法について聞きました。先生みたいなテーブルフォトが撮れるよう、教えてもらった方法で練習していきたいと思います(笑)。

 

写真どうでしたか?ゆるふわ感ありましたか?(笑)

またご意見お聞かせください。

ふだんX-Pro1を使っているので、X-T30は使いやすくて堪りませんでした。すべてがきびきび動きます。サイズも小さくて軽いし、見た目もカッコ可愛い。シルバーもブラックも欲しくなるカメラだと思いました。あぁ欲しい。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Pocket

ギャラリー

#37 バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart2

Pocket

 

こんにちは、uskyです。

今回は前回「バルナックライカで桜を撮りに行ってきた」のPart2です。

Part1をまだ見ていない方は、まずそちらからどうぞ!

バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart1

 

前回と同様に、使用カメラはLeica IIIb、レンズはElmar 5cm F3.5、フィルムはFUJI 業務用100です。

 

家までフィルムを取りに帰り、再び出発です!

鶴舞公園へと向かいます。写真はJR鶴舞駅からスタートです。

 

鶴舞公園。お花見日和で人がたくさんいました。

 

何かイベント?をやっていましたが、人混みで見えませんでした。

 

このレンズ、がっつり絞っているからかコントラスト強めで写りますね。

 

お花見って平和な場所でないと出来ないですよね。こんなところで寝れませんもん。

 

いや〜、綺麗に写ってる。

 

アサヒスーパードライの光沢感。最高です。

 

カバンの中に、何が入っているんでしょう。

 

それにしてもよく写る。まさか1930年代のレンズとは思えません。

 

名大病院。

 

写真を撮りながら思っていたんですが、お花見ができる仲間がいるっていいですね。残念ながら僕にはいません(笑)。ひとり寂しくシャッターを切っていました。

 

実は、鶴舞公園には初めて来ました。ポケモンGOがリリースされた頃賑わっていたみたいですが、今はどうなんでしょう?

 

鶴舞公園を後にして、熱田(目的地:熱田神宮)へ向かいます。

 

赤色のポストと桜。

 

青色の車と桜。

 

ピント合わせを素早く出来るようになってきました。

 

おしゃれな駐車場。

 

残念ながら、熱田へ着く前にフィルムを全部撮り切ってしまいました。なのでフィルムはここまで。

この続きは、念のため持ってきておいたX-Pro1に、バルナックにつけていたElmar 5cm F3.5をつけて撮っていますので、また次回更新しますね。

 

50mmはちょっと狭く感じることも多かったので、35mmのレンズが早く欲しいです(笑)。でも、50mmなら50mmの目線で街中を歩くことができるので、それはそれで楽しいですね。単焦点レンズの面白さの一つだと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Pocket

#36 バルナックライカで桜を撮りに行ってきたPart1

Pocket

 

こんにちは、uskyです。

今日は格好の桜日和でしたね。僕も午前中から桜を撮りに出かけました。

カメラはバルナックライカ Leica IIIb、レンズはElmar 5cm F3.5、フィルムはFUJI 業務用100 24枚撮りを使用しました。

 

1本目のフィルムを撮り終えた時に、フィルムの替えを持ってくるのを忘れたことに気づき、一旦家に戻りました。

家に戻る途中、現像に出しておいたフィルムが出来上がったので、今回はその写真を載せていきます!(24枚全部載せます!)

 

今日は自宅から名古屋の鶴舞・熱田方面へ向かう予定で出発しました。

まずは自宅近辺の写真から。

フィルム装填時に失敗して、フィルムの先が一部破れたんですよね。それで、多めにフィルムを出して装填作業を行ったので、1枚目は少し感光してしまいした。まあ、逆におしゃれということで。

ここ、通勤時にいつも通るんですが、桜が綺麗で、週末まで散らないことを通勤のたびに願っていました(笑)。無事撮ることができて良かったです。

地元の駅前には、名古屋コーチンの銅像があります。

名古屋へ向かうはずが、電車の窓から桜色の綺麗な場所を見つけてしまい、降車しました。場所は味鋺駅。あとちょっとで名古屋に入るところだったのに…。でもこのおかげで、フィルムを家に取りに帰ることが容易にできました。名古屋まで出ていたら、ちょっと精神的にハードでした。

目的地へ向かう道中、桜が咲いている場所を見つけ、パシャり。

露出計を持っていないので、露出はカンで合わせています。案外撮れるものですね。今日は天気が良かったので、だいぶ絞っていますし、シャッタースピードはほとんど、Max値の1/1000秒で撮っていました。

フレームに、横切る人が入ってしまったと思ったので、撮り直しました。結果的にですが、構図としてはこちらの方がいいんじゃないかと思います。

電車の窓から見えた場所、それは二子山公園でした!二子山公園は「味美二子山古墳」など3つの古墳に囲まれた公園のようです。園内は埴輪や前方後円墳型のベンチ、ハニワの館がありました。もちろん古墳も。

公園に入って、桜を撮り始めたところで、フィルムを撮り終えます。そして、フィルムの替えがないことに気づき、あとは冒頭で述べたとおりです。

公園内をすべて回る前に自宅へ引き返したので、まだ見れていないところも多く、また別の機会にこの公園を訪れたいと思いました。

 

そしてお気づきでしょうか。24枚フィルムを使ったのに写真が25枚もあります。ブログを書いていて気がつきました。1枚多く撮れるなんてお得(笑)。

フィルムの撮影可能枚数に少し余裕があるってことなんですかね?

 

次回もお楽しみに。

 

Pocket

#34 バルナックライカIIIb初撮り

Pocket

こんばんは、uskyです。

前回、梅の写真を撮りにLeica IIIbを持ち出したときは、未露光でまったく撮れていませんでした。

撮れなかった原因をきちんと考察(っていう程でもないけど)したことで、今回、無事に撮ることができました。

大縣神社の梅と犬山城

バルナックライカで写真が1枚も撮れていなかった原因について考える

使用機材:Leica IIIb + Elmar50mm F3.5、FUJIFILM業務用100

 

最初の1枚。

フレーミングをミスした。外付けファインダーをまだ持っていないので早くほしい。

それにしてもこんなにきれいに写るのかと感動!!

1938年のカメラですよ。レンズもその年代のもの。

構図は微妙だけど、ピントを目測で合わせてピッタリ撮れた。

いい写り。

名城公園にはテスラの車が置いてあった。車の充電装置が近未来的でかっこよかった。

ピント、度々外しています。

これは流石に、ピント合わせたかった…。

ピント外しすぎ。

モノクロでも撮ってみたい。

こんなにくっきり写るなんて。

 

僕にとっての初ライカですが、撮れた写真を見て、感動が止まりません。

もう一度言いますが、1938年のカメラですよ?未だにこんなに使えるなんて!!

特に壊れている箇所もなさそうでよかったです。

 

今回、露出計なしで使ってみたんですが、案外なくてもやっていけそうでした。

でも、ピントを外しまくってるので、目測でピントを合わせられるように訓練していきたいですね。

 

というわけで、これからガシガシこのカメラとレンズを使っていこうと思います。

撮りたいものを撮るカメラ

 

Pocket

#33 Utulens × モノクロも悪くない

Pocket

そういえば、Utulensでモノクロにしたことってなかった気がする。

このレンズ、モノクロにして、いい写真にならないわけがない。とても味わい深いと思う。

思ったよりきっちり写るし、それでいて甘い。みんなこのレンズ買うべし。

ピントを気にしなくていいのは、楽。

そういえば、かつてブログ内で、ストリートスナップシリーズなるものをやっていたので、今回のをVol.3とすることにする。

このシリーズは今後も続けていこうと思う。

Pocket

#32 XF23mm F2 R WRをレンタルして試し撮りをしてきました in Nagoya

Pocket

こんにちは、uskyです。

今回は前回の記事『X-Pro1につけるXFレンズを考える』の続編です。

X-Pro1につけるXFレンズを考える

名古屋の伏見にある富士フイルムサービスステーションでレンズをレンタルしてきましたので、

そのとき撮った写真とともに感想を述べたいと思います。

とは言っても、あまり詳細に御託を並べるつもりもないので、軽〜い感じで。(レビューではなく試し撮りなので!)

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/680s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/640s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/450s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/640s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/480s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/300s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/80s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F2.0, 1/750s, ISO200)

ここまで写真を見てみてどうですか?

癖がなく、素直な描写をするレンズだなぁと、個人的には使っていて感じました。

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/170s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/210s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/150s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/120s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/80s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/80s, ISO640)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/40s, ISO1600)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/420s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F2.0, 1/3000s, ISO200)

35mm判換算35mmは非常に使いやすく、引きも寄りも適度にこなせるため、ガンガン写真を撮っていけますね。

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/550s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F2.0, 1/950s, ISO200)

絞り開放で撮ると、XF50mm F2 R WRと同じような描写になる気がします。これがあんまり好きじゃなくて、XF50/2は手放したんですよね…。今見ると、そこまで悪くないような。

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/170s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/80s, ISO250)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/80s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/900s, ISO400)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F5.6, 1/1400s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/280s, ISO200)

ここでシンガーソングライターの仮谷せいらさんという方が歌ってらっしゃいました。

そのとき聴いた曲がこれ。

同い年みたいなので、今後のご活躍を応援したいと思います。

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/400s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/450s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/200s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/90s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F7.1, 1/80s, ISO640)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F8.0, 1/340s, ISO200)

レンズの歪みは、上の2枚の写真あたりで確認してみてください。僕は特に気にならないです。(別に歪んでいてもいい人)

X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F2.0, 1/1600s, ISO200)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F2.0, 1/80s, ISO500)
X-Pro1 + XF23mm F2 R WR (F4.0, 1/20s, ISO1600)

あまり引かなくても、楽にブツ撮りできるのはいいですね。角度によっては自分の影が入ってしまいますけども。

 

 

<使っていて思ったことのまとめ>

・素直な描写で扱いやすい

・色乗りがよい

・小型で軽量、サクサク撮れる

・絞り環がXF23/1.4に比べて固めで、こっちの方が好き

・XF35/2に慣れていたのもあって、XF35/2と比べてちょっとレンズが長い

・周辺までちゃんと解像している、XF18は周辺の描写が甘すぎ

・AFはXF23/1.4より速いと思うが、X-Pro1の動きがもっさりしていて、よく分からない

・絞り開放では好んで使いたくはないかな

・逆光耐性を確認し忘れた

・フリンジの確認もし忘れた

 

 

今回使ってみて、XF23mm F1.4とそれからX100Fで撮った写真をもう一度見直したいなと思いました。

というのも、X-Pro1+XF23/2なら、X100Fの方がスペック高くない?って思ってしまい、さらには、XF23/1.4のあの描写が忘れられないという点もあります。

X100Fならさらに小型で、ACROSも使えるし、電子シャッターもついてるんですよね〜。

そしてXF23/1.4は、解像度・色乗りがXFレンズの中でトップクラスなんです、個人的に。

あと角フードがカッコいい!

 

ということで、次回は、XF23/1.4とX100Fで撮った写真を見直す回をやりたいと思います。

他にもXF18とかXF27とか、使ってみたい!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Pocket

#29 大縣神社の梅と犬山城

Pocket

 

こんにちは、uskyです。

Leica IIIbとX-Pro1を購入して初めて写真を撮りに行ってきました!

約1年ぶりの写真撮影でもあります!

 

twitterで大縣神社の梅のブログを見かけて、あ、これは行かなきゃと思い、行ってきました!

[2019年]犬山市大縣神社の梅園は見頃だった

 

 

機材はもちろんLeica IIIbとX-Pro1。

 

ですが、ここで問題が。

 

撮影後、早速フィルムを現像に出してきたんですが、まったく何も撮れていませんでした!!

残念!!

 

その原因追及はまた次の機会にするとして、今回はX-Pro1+Utulensで撮った写真を載せていくことにします!

撮った写真をその場では一切確認していないので、家で写真を見たときには、フィルムの現像が仕上がった時のようなワクワク感がありました。

 

雰囲気最高ですよね!

このレンズを使う理由、分かってもらえるでしょうか。

このレンズを使うために、X-Pro1買ったみたいなところありますからね。

 

ちなみに写真は、RAWデータをLightroomの“お気に入り”と書かれたプリセットで一括現像・一括書き出ししたものになります。

久しぶりにLightroomを使うので、まずプランを再契約するところから始まりました(笑)。

プリセットも何を選べばいいのか分からず、とりあえず“お気に入り”とネーミングされたものを選びました(プリセットは自分オリジナル)。

JPEG撮って出しの写真のリンクも最後に貼っておくので、興味のある方はご覧ください。

近くにはピントは合いません。(最短撮影距離:1m、パンフォーカス)

Leica IIIbメインで撮っていたので、X-Pro1で撮った写真は少ないんです。なのであまり写真がない…。

それに両カメラとも全然寄れないレンズを付けてたので、使い分けも難しく、X-Pro1は「とりあえず撮っておくか」というスタンスで今日の撮影は臨んでました。

だからなおさら、フィルム撮れてないのが悲しい……。

 

大縣神社から移動して、犬山城。

このお城は、現存する日本最古の天守閣を持つ『国宝』です。

 

そしてお気づきでしょうか。今までに載せた写真の途中から、写真にゴミが写り込んでいます。

シュポシュポを持ってくるのを忘れたため、あとでレタッチで消せばいいやと思いながら撮っていました。

シュポシュポを忘れるなんて、撮影意識なまってますね〜。

撮影の最後に、犬山城の城下町で和菓子を食べました。

室内でUtulensを使うのは大変難しい。こんな写真を簡単に撮ることができます。

(いやこれはピントが合ってないだけで、距離を取ればふつうに撮れるだろうなんて野暮なことは言わないで)

(まあ、ISOをあげて距離を取れば撮れないこともないですよね〜。)

 

 

せっかくなので、失敗写真も載せておきます。Utulensのこと気になる方もいると思うので!

使っていて一番思うのは、これです。

これはフレアということでいいんですかね?それともカメラ側の問題?逆光で撮ると強烈にマゼンタ被りします。

フードを付けたら多少は解決するのかなと思ったりもするんですが、

市販のものはないので、付けたいなら自作が必要ですね。

これが好きな人も中にはいるかもしれないですけども。

 

JPEG撮って出しはこちらから。

Utulensを初めて使ったときの記事はこちら↓

#2 GIZMON Utulens試し撮り in Osaka

 

露出も意識せずに撮り、レタッチもプリセット当てはめただけなので、ちょっと適当な感じになってしまってはいるんですが、

簡単にいい雰囲気の写真を撮ることが出来るこのレンズは、本当に楽しいレンズです。

X-Pro1は今のところ、シャッタースピードとISOを変えられる“写ルンです”と化しています。

 

犬山は家から近いので、これから何度も足を運ぶことになりそうです。

 

 

Pocket

ギャラリー

#28 香川県 直島・豊島に行ったときのフィルム写真

Pocket

 

定番スポット。

 

 

↓(おまけ)岡山県・倉敷。

香川へ行く前の日は、岡山に泊まりました。

フィルムって、いい。

 

使用機材:EOS 1-V, EF50mm F1.4, EF100mm F2.8 macro

フィルム:FUJI PRO400H(たしかこのフィルム)

 

Pocket

#24 新宿の桜とか(ストリートスナップPart2)

Pocket

ストリートスナップシリーズPart2です。

今回は特にテーマも決めず写真を選びました。(写真 16枚) 追記 1枚写真追加しました。

#20 「ストリートスナップ」シリーズ始めます!

 

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/2000s, ISO200)

こんなところに桜があるんだって場所にありました。(新宿駅南口 2017年)

 

X-Pro2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/12800s, ISO200)

僕、電子シャッターガンガンに使うんですけど、皆さんあんまり使わないんですかね?日中絞り開放でもNDフィルターいらなかったり、シャッター音が出ないので静かな場所で撮るときとかに重宝します。動体も撮らないので弊害も特に感じてません。

 

X-Pro2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/1500s, ISO400)

あんまり寄りで撮ることってしないんですけど、寄って撮りました。このレンズかなり寄れます。ノートリミングです。

 

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F8.0, 1/60s, ISO500)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/2400s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/850s, ISO400)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F4.0, 1/105s, ISO200)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.0, 1/2400s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F8.0, 1/500s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F11, 1/60s, ISO1250)

スマホで見るとどうしても写真が小さくなるので、自分が何を撮ったのかちゃんと伝わるかなー?って不安になります。

 

X-Pro2 + XF10-24mm F4 R OIS (F6.4, 1/60s, ISO2500)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/60s, ISO1250)

一時期、アスペクト比を変えて写真を撮ることにハマっていた時期がありました。アスペクト比変えるといつもと雰囲気変わって新鮮ですよね。

 

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/60s, ISO1600)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/125s, ISO400)
X-Pro2 +XF10-24mm F4 R OIS (F8.0, 1/60s, ISO1250)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/125s, ISO400)

上の写真を撮影した場所から右を向くと…

 

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F8.0, 1/150s, ISO400)

東京タワーが見えます!

 

最後に

テーマを決めないでてきとうに写真をピックアップすると写真に統一感がなくて何だかなって感じがします。

でもテーマを決めて写真を選ぶのほんとに難しくって、このままだといっこうに更新できないなと思って、てきとうでもいいからということでブログ更新しました。タイトルも特にいいのが思い浮かばず…。

やりながら少しずつ考えていこうと思います。(アドバイスとか要望とかお待ちしてます!)

 

今回使った機材はこちら。

 

Pocket

#21 菜の花とXF90mm F2 R LM WR

Pocket

菜の花をFUJIFILMのレンズ、XF90mm F2 R LM WRで撮ってきました今回の撮影場所は葛西臨海公園です。

公園のほぼ隣にディズニーランドがあります。公園内は観覧車や水族園、鳥類園、他にも芝生広場があったり東京湾が展望出来るクリスタルビューというきれいな建物もあります。いいところでした。

 

写真は全8枚、機材はX-T2XF90mm F2 R LM WRオンリーです。

X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/1600s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.8, 1/680s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/1000s, ISO200)

あんまり草花は撮らないんですけど、菜の花が綺麗だったのでつい撮ってしまいました。

X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/1600s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/1400s, ISO200)

はじめ“ゆるふわ系”で現像してたんですが、あまりしっくり来ず。

落ち着いた雰囲気の儚い感じにしてみました。

X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/1250s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/1250s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/5800s, ISO200)

今回、構図がすべて見事に三分割法しか使ってませんでした

もうちょっと工夫したかったなと反省しています。またリベンジ

 

 

使用した機材はこちら。

Pocket

#20 「ストリートスナップ」シリーズ始めます!

Pocket

こんにちは、uskyです。

僕が撮る写真のほとんどがストリートスナップです。

撮り貯めた写真だったり今後撮るであろう写真がたくさんあるので、不定期ですがシリーズものとして少しずつ更新していこうと思います

 

毎回写真がメインになるかと思いますが、ちょいちょい “写真のこと” とか “レンズのこと” とかも話します。ちょっとした写真日記みたいなものです。日記風ということで、いずれ文語体から口語体に変える予定です

ブログの長さの目安として、毎回掲載写真枚数を表記しておきますので参考にしてください。

だいたい8〜16枚を目安に更新していく予定です。

 

では早速、第1回目の投稿を。今回は写真全16枚です。

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.0, 1/80s, ISO800)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/1600s, ISO400)
X-Pro2 + XF23mm F1.4 R (F7.1, 1/680s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F1.4 R  (F2.0, 1/750s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F1.4 R  (F2.0, 1/750s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F7.1, 1/2700s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F4.5, 1/8000s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F6.4, 1/3200s, ISO400)

足もとを撮るのは楽しい。

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/2000s, ISO200)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/2400s, ISO200)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F9.0, 1/400s, ISO200)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/1800s, ISO400)

影を撮るのも楽しい。

X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/8000s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/16000s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/1500s, ISO400)
X-Pro2 + XF35mm F2 R WR (F5.6, 1/3800s, ISO400)

今回は光と影」「足もと」「モノクロをテーマに写真を選んでみましたが、毎回テーマを決める予定はないので、そのときそのときの自分の判断に委ねたいと思います。

 

写真ギャラリーは、ブログに掲載した写真が溜まってきたら作成するのでしばらくお待ちください

このシリーズのほかに、苦手な「風景写真に挑戦」シリーズも考えています()

 

 

今回使用した機材はこちら。

 

Pocket

#18 金沢散策 【番外編】〜Canonで撮る金沢〜

Pocket

金沢散策番外編としてFUJIFILMへ乗り換える前のCanon時代の写真も載せたいと思います。(写真全27枚)

FUJIFILM編はひがし茶屋街編】【兼六園編】【金沢21世紀美術館編】がありますのでよかったらご覧ください。

 

使用カメラはEOS 5D MarkⅢ、レンズはEF50mm F1.4 USMEF24-105mm F4 L IS USM2本です。

EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F8.0, 1/160s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF24-105mm F4 L IS USM (F8.0, 1/50s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF24-105mm F4 L IS USM (F8.0, 1/125s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF24-105mm F4 L IS USM (F8.0, 1/250s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF24-105mm F4 L IS USM (F8.0, 1/320s, ISO100)

2014年5月頃から写真を始めて、5DⅢを手に入れたのがその年の12月。その5DⅢを初めて使った場所がここ金沢でした。2015年2月のことでした。

それから何故だか、毎年この時期になると金沢を訪れていました。

今回掲載するのはその約1年後、2016年3月撮影の写真になります。2015年の写真はさすがに下手過ぎて載せたくないので、すみません。(日中なのにISO12800とか量産してます 笑 )

5DⅢと取って代わってメイン機となったX-Pro2の購入は2016年7月。そしてその年の11月、X-T2の購入とともに5DⅢは売却しました。

#11 EOS 5DⅢからX-Pro2に乗り換えた理由

前回までに更新した金沢【FUJIFILM編】の写真は2017年3月撮影のものです。今年2018年は行けそうにないので、個人的な振り返りということでブログに写真をまとめている次第です。

2016年3月から2017年3月の1年間で、どれだけ写真の腕前が上達したのか見てもらえたら楽しいのかなと思います。でも、もともとそんなセンスもないので、全然腕前変わってないじゃん、2016年も2017年もどっちも大したことないじゃんって感じるかもしれません…。もっと上手くなりたい。

20160317-6J2A0381 2
EOS 5D MarkⅢ + EF24-105mm F4 L IS USM (F8.0, 1/200s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF24-105mm F4 L IS USM (F4.0, 1/800s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF24-105mm F4 L IS USM (F4.0, 1/40s, ISO160)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F2.2, 1/200s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F1.8, 1/80s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F4.0, 1/40s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF24-105mm F4 L IS USM (F8.0, 1/100s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F2.8, 1/640s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F1.4, 1/500s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F2.0, 1/320s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F1.4, 1/3200s, ISO100)

このときもうすでにX70購入していました。X70X-Pro2購入のきっかけなので罪深いカメラです。

EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F1.4, 1/2500s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F1.4, 1/4000s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F1.4, 1/400s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F2.2, 1/160s, ISO100)

自転車撮るのが好きです。

EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F1.4, 1/8000s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F1.4, 1/8000s, ISO100)

絞り開放で撮るのにハマっていたんだろうなというのが写真の随所から感じられます()

EOS 5D MarkⅢ + EF24-105mm F4 L IS USM (F8.0, 1/400s, ISO100)

空の写真は最近撮らなくなりました。なんでだろう。初めて買った写真集は月の写真集でした。

EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F6.3, 1/160s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F6.3, 1/200s, ISO100)
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F13, 1/40s, ISO125)

これはちゃんと絞ってます。でもちょっと絞りすぎですね。

EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM (F6.3, 1/200s, ISO100)

 

一眼レフいいですよね。たまに大きいカメラで撮りたくなるときありませんか? たまに一眼レフ欲しくなります。

ブログを書いていて5Dがまた欲しくなってきました。でもEOS-1Vがあるので我慢します。

 

余談ですが、今回【FUJIFILM】,【Canonともに金沢散策の写真すべてをレタッチし直したんですが、カメラキャリブレーション以外は【FUJIFILM】,【Canonどちらも同じプリセットを使っています。結構写真変わりますよね。FUJIFILM用に作ったプリセットなんですけどCanonでもいい感じにハマった気がします。(イメージしたものとは違いますが。)

以上で金沢散策の写真すべて終わりです。見てくださった方々ありがとうございました。

 

今回掲載した写真のギャラリーはこちら

 

Pocket

#17 FUJIFILMで撮る金沢【③金沢21世紀美術館 編】(終)

Pocket

FUJIFILMで撮る金沢、ラストは【③金沢21世紀美術館】です。(写真全20)

ひがし茶屋街編】, 【兼六園編をまだご覧になっていない方はよかったらご覧ください

使用したカメラはX-T2、レンズはXF23mm F1.4 RXF35mm F2 R WR、そしてXF90mm F2 R LM WR3本です。 

 

金沢21世紀美術館について、以下に公式HPより一部引用しました。

『まちに開かれた公園のような美術館』金沢21世紀美術館は、金沢市の中心部に位置し、誰もがいつでも立ち寄ることができ、様々な出会いや体験が可能となる公園のような美術館を目指しています。このため建物には表と裏のないガラスのアートサークルが採用され、トップライトや光庭など明るさや開放感にも十分に配慮しています。また、夜間開館や魅力的なショップ、レストランなど利用者ニーズに対応し、気軽さ、楽しさ、使いやすさがキーワードのこれまでにない美術館です。

入館料が必要となるのは美術館内の展覧会ゾーンのみです。写真撮影は開放スペース(交流ゾーン)に関しては私的利用ならOKで、展覧会ゾーンは撮影不可となっている展覧室以外は可です。美術館は兼六園の隣にあります。

 

“FUJIFILMで撮る金沢と言っておきながら前回前々回と(ボディはフジですけど)キヤノンのレンズも使って撮っていましたが、今回はオールフジXレンズです

前回に引き続き、暗めな写真が多いです。ちょっと暗すぎたかなという気がしないでもないです。

X-T2 + XF23mm F1.4 R (F3.6, 1/1700s, ISO400)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/350s, ISO400)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/200s, ISO400)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/400s, ISO200)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/200s, ISO400)
X-T2 + XF23mm F1.4 R (F9.0, 1/40s, ISO2500)

・市民ギャラリー 2004.10.09 -2005.03.21   (マイケル・リン)  2004

 

X-T2 + XF35mm F2 R WR (F3.2, 1/80s, ISO400)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F2.0, 1/400s, ISO400)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F4.0, 1/210s, ISO200)
X-T2 + XF35mm F2 R WR (F4.0, 1/1700s, ISO200)

・雲を測る男   (ヤン・ファーブル)  1998

 

X-T2 + XF23mm F1.4 R (F5.0, 1/210s, ISO400)

・スイミング・プール   (レアンドロ・エルリッヒ)  2004

この作品、プールの下から上を覗けます。公式HPに写真掲載されてます。

 

X-T2 + XF23mm F1.4 R (F6.4, 1/40s, ISO400)

・ラビットチェア   (SANAA)  

21世紀美術館もSANAA(妹島和世と西沢立衛の建築家ユニット)による設計です。

 

X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/600s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/320s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/340s, ISO200)

うさぎ耳のイス、撮るの楽しい。

X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/200s, ISO200)
X-T2 + XF23mm F1.4 R (F5.6, 1/90s, ISO400)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/210s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/170s, ISO400)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/900s, ISO400)

“FUJIFILMで撮る金沢シリーズ以上で終了です。見てくださった方々ありがとうございました。

番外編として金沢散策Canonも更新する予定です。こちらは一記事完結です。FUJIFILM2017年撮影、【Canon2016年撮影のものです。そんなにいい写真もないんですけど金沢まとめということで載せます。僕の成長具合をほうほうと見てもらえたらなと思います。2015年の金沢の写真もあるんですけど、さすがに載せたくないレベルなのでそれはやめておきます()

 

今回掲載した写真のギャラリーはこちら

 

 

Pocket

#16 FUJIFILMで撮る金沢【②兼六園 編】

Pocket

兼六園は言わずと知れた日本三大庭園の一つ。

ひがし茶屋街から徒歩で10分少々で行けます。(バスでも行けます)

金沢駅からはバスで20分くらいです。

使用したカメラはX-Pro2X-T2、レンズはNFD50mm F1.4XF90mm F2 R LM WR2本です。前回更新したひがし茶屋街編と同じ日(2017)の撮影です。(写真全18)

#15 FUJIFILMで撮る金沢【①ひがし茶屋街 編】

今回載せる兼六園で撮影した写真ですが、風景的な写真を撮るのをすごく苦手としているため、梅の写真と庭園内のスナップがほとんどです。三脚に据えて撮ったりするのがほんとに苦手なんですよね。じっくり撮る感じが

X-Pro2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/3000s, ISO400)
X-Pro2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/8500s, ISO200)

僕が初めて手にしたフィルムカメラはCanonA-1でした。そのカメラと同時に購入したのがNFD50mm F1.4す。サークルの後輩にボディレンズともにあげてしまったので手元にはもうありません

X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/4000s, ISO400)
X-Pro2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/2200s, ISO400)
X-Pro2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/5800s, ISO400)
X-Pro2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/1250s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/6400s, ISO400)
X-Pro2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/1000s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/3000s, ISO400)
X-Pro2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/5400s, ISO400)
X-Pro2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/1400s, ISO200)

天気が悪かったせいか、暗めな写真が多いですね。

X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/3000s, ISO200)
X-Pro2  + NFD50mm F1.4 (F0, 1/4400s, ISO200)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/3200s, ISO400)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/8000s, ISO400)

XF90mm F2 R LM WRはどうしても遠くから狙い撃ちする形になってしまうので、最近はストリートスナップでは使っていません。

35mm換算50mm以下で撮るほうが、街中の人を撮るときには、堂々と近づいて撮ることになるため気持ち的に撮りやすいです。(堂々と近くで撮ることで盗撮ではなくストリートの写真を撮っているんだという意思表示をしているつもり(目が合えば会釈はします)(怒られることもあります)

それでも不快に思う方はいると思うので、ストリートスナップを撮るのは昨今難しいなとつくづく思います。

なので最近は、35mm換算35mm以下の焦点距離のレンズを使って、全景の中に街中の人を入れて撮るという撮り方が多くなりがちです。

僕の写真の被写体は街中の人なので、それを撮らないという選択は写真を辞めることと同義です。ですので賛否あるかとは思いますが、これからも可能な限り撮り続けます。

X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.5, 1/2000s, ISO400)
X-Pro2 + NFD50mm F1.4 (F0, 1/6000s, ISO400)
X-T2 + XF90mm F2 R LM WR (F2.0, 1/3800s, ISO400)

次回は金沢21世紀美術館編です。FUJIFILM編は次回でラストです

#17 FUJIFILMで撮る金沢【③金沢21世紀美術館 編】(終)

今回載せた写真のギャラリーはこちら

 

 

Pocket