#48 白黒フィルムで撮るスナップ写真 [前編]

Pocket

フィルム写真振り返り企画、今回は第7弾です。

前回はこちら↓

#47 写ルンですの記録 ’17

第7弾は白黒フィルム。

白黒フィルムは、これまでに11本使ったことがありますが、そのうちの6本はこの間のGWで使用しました。

GWで使った6本についてはただいま現像中のため、今回は残り5本のうち、データ化してある4本分を前編後編に分けて一挙に掲載していきたいと思います。

前編50枚、後編50枚の計100枚の掲載数になるので、流し見で構いません。あと、サイトが重たかったらすみません。

 

使用フィルムは下記写真に写っているフィルムのうちのどれか4本になります。どの写真がどのフィルムなのかは、白黒フィルムにあまり詳しくないので僕では判断できません。ご了承ください。

また、使用カメラについては、画角が50mmっぽい写真はEOS-1V(EF 50mmF1.4)、それより少し広いのはKLASSE S(40mm)、28mmくらいの広さのものはKLASSE W(28mm)、画角の狭い写真はEOS-1V(EF 100mmF2.8L Macro)となっております。

この写真はコントラストが強めですね。どのフィルムなんでしょう。

上の写真、モノクロだと古い時代の写真のようにも見えてきますが、手にはスマホを持っています。「現代をモノクロフィルムで撮る楽しさ」というものを、この写真から僕は感じます。

モノクロだとどういう写真が映えてどの部分がより引き立つのか、僕はまだ分かっていません。

でも、その場の空気感というものは、カラー写真よりもモノクロ写真のほうが、より感じられるなぁと思ったりもします。

このフィルムの特徴なのか分からないですけど、この少し霞みがかったような感じ?写真に雰囲気が付加されていて好きです。

使ったフィルムをちゃんと把握しておかないと、ちょっともったいないですよね。次からは使ったカメラと使ったレンズと使ったフィルムを記録しておくことにします。

次回の後編もお楽しみに。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。