#46 EOS-1Vで撮る永平寺

Pocket

こんにちは、uskyです。

今回はフィルム写真振り返り企画第5弾となります。

前回はこちら↓

#45 初リバーサルフィルム!KLASSE SとPROVIA100F in 京都

永平寺は福井県永平寺町にある曹洞宗の大本山。曹洞宗は禅宗であります。

僕の母方の祖父はお坊さんなんですが、祖母の言う話では、ここ永平寺へ修行しに出ていったそう。でも家の宗派は同じ禅宗でも臨済宗のほうなので、おそらく記憶違いでしょう(笑)。

そんな若干ゆかりのある永平寺では、修行体験をすることも可能です(1泊2日コースと3泊4日コース)。何やら、日本一修行が厳しいお寺と言われているらしいです。

終活ねっと|永平寺の修行、厳しいって言うけどどんなもの 

 

使用レンズは、EF50mm F1.4 USMとEF100mm F2.8L Macro。使用フィルムはフジカラー SUPERIA PREMIUM 400です。

EOS-1Vは2000年から2018年まで販売されていたキヤノン最後のフィルムカメラです。あまりに高性能なこのカメラ。中古価格が上がらないうちに、また買い戻したい一台です。

バルナックライカと並べて、35mmフィルムカメラの始まりと終わりを噛みしめたいなと思いました。

 

おまけ。こちらもEOS-1V。

EOS-1Vで撮った写真はまだまだあるので、お楽しみに!

 

EOS-1Vで撮った写真の過去記事はこちら↓

#28 香川県 直島・豊島に行ったときのフィルム写真

 

 

Pocket

#46 EOS-1Vで撮る永平寺」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。